スポンサード リンク

カスタム検索

2012年03月16日

間質性肺炎 特発性器質化肺炎 その5 気管支内視鏡検査 その2

いきなりベッドに押し込まれ、7,8名の医者に囲まれ驚く暇もなく
次々と医療的作業が私の体に施されていく。

腕や足を固定され目も覆われ、口にはマウスピースなるものをはめられ、
「今から始めます」のような言葉を聞いたかと思うと、意識が薄らぎ始めた。

それからあとどんなことが行われたかは分からない。がしかし、私の別の
意識はちゃんと働いているようだった。それを意識と言ってよいかどうかは
分からないけれど、私の体に施されていることに対する感覚はないけれども、
何か別の次元での意識は働いていた。

驚くことにそれは今も記憶されていて再現することができる。ちょっと現実的
ではないが、次のようなことが起こっていた。

何か川の流れのような流れがわたしの見つめている視界に表れていた。
時間の流れと言ってもいいし、でこぼこした小石のようなものが流れて
いる川のようなもの、何かよくわからないけれども、言葉で表すと全く
別物のような情景が全く矛盾なくその情景を言い当てている情景が展開している。

私は「息ができない、息ができない」と言っている。「楽にやれますよ」の医者
のことばは違っている、とそんなことも考えているようであった。

麻酔をしていて苦しくないというのは、どうも嘘のような気がする。
私が実際にどんな言葉を発していたかは分からないし、どんな様子だったかも
誰も言ってくれないので本当のところは分からない。静かにしていたのかもしれない。

肺の中に内視鏡を入れ、そして肺の中に水を入れて洗浄していたらしい。何のために
そのようなことをしているのかは分からない。それと、組織を採取することも行って
いたらしい。医者は専門的なことは、聞かなければ言ってくれないし、医者によっては
素人が専門的なことを聞くと、明らかにいやな表情をする医者もいる。まあ、そんな
医者はいい医者とは思えないけど・・・

今回のことで分かったのは、麻酔をかけていても、別の潜在的な意識はちゃんと働いて
いるのだなということが分かった。全く何もわからないのではないということだ。

いわゆる顕在意識が戻ったときはベッドの上にいた。何が起こっていたかは全く分からないが、先ほどの潜在意識が感じていたことはしっかり記憶していた。

その後、ずっと後になって家内から聞いたことだが、検査が終わった後、処置室から出てきた
若い医者数人が「今日のは面白かったな!」などといった不謹慎なことを言っていたのを聞いてひどく腹が立ったことがあったらしい。

検査中そんな面白いことが、僕に起こっていたようだ。

続きは、後日



posted by ram at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257966491

この記事へのトラックバック
My Yahoo!に追加 一日一回クリックしてくださいね!! 人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。