スポンサード リンク

カスタム検索

2010年04月25日

悲しいなあ

知らなかった鹿島槍岳滑落事故の記事、あらためて読んだ。

亡くなったこの人のサイト「山スケッチ」はよくみていた。
100名山登頂、あと少しのところまできていた。

名前が近藤真理子さんというのは、新聞記事をみてはじめて知った。
亡くなってはじめて知った名前と顔。55歳だったという。

かつて、HPの更新がしばらく途絶えていたことがあった。
事故があったのではと、気になりメールしたことがあった。
残念ながら返事はなかった。


「山スケッチ」、まだネット上で開くことができる。
経ヶ岳が最後の記事だ。

「3時25分、登山口まで戻る。感謝。」
これが最後のことばとなった。

毎回、記事の最後には必ず「感謝」という言葉がつく。
彼女の品性をしばしのぞき見ることができる。


HPの今のカウンター133669。
カウンターはその後も、ゆっくりまわり続けている。

主のいなくなったホームページだが、今もひっそりネット上に
存在している、そのことがまた涙を誘う。

彼女のことは一方的に知っているという、そんな関係だけど、
なんか凄く悲しい。 



posted by ram at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
My Yahoo!に追加 一日一回クリックしてくださいね!! 人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。