スポンサード リンク

カスタム検索

2010年02月07日

白鳥は重そうだった

天気が良かったので久しぶりにハミングロードを歩いた。

風は少々冷たかったが気持ちよかった。

「白鳥を見守る会」の看板の東側の田んぼに、白鳥が数十羽群れをなしていた。

それを遠くから遠慮がちに、大きなレンズを三脚にはめ込み、数人の人が白鳥をを写そうと身構えていた。なかなかいい風景だ。

湖に向かう途中、田んぼに車を止めてカメラを構えている人が何人もいた理由がこれでよく分かった。

そうこうしているうちに、南の空から何百という雁?が群れをなして頭上を、波状攻撃するかのように次から次と飛んできた。
実に見事だ。


その雁の鳴き声に誘われてか、時折白鳥が、これまた僕の頭上を数羽また数羽と、少しずつ北の方に向かって飛んでいった。

こんなに近くで白鳥が飛ぶのを見たのは初めてだった。それも腹の部分を真下から見上げるように見たのは初めてだ。

体が大きいからだろうか、何だか重そうだった。

思わぬ収穫だった。



posted by ram at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140501964

この記事へのトラックバック
My Yahoo!に追加 一日一回クリックしてくださいね!! 人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。